事故はある日突然に 自動車保険は入るべき

事故はある日突然に 自動車保険は入るべき

車の傷を自分で修復する

車の大きな凹みや、部品の損傷などは自分で修理するのは困難ですが、小さな傷はある程度まで修復することができます。
業者に頼むと小さな傷でも数千円〜数万円取られることもあります。
業者に頼むか、自分で修復するかは、財布の中と相談して決めた方がいいです。
自分で修復する場合ですが、まずは車用品専門店等でツールを揃えます。
必要なツールはヤスリとコンパウンド、マスキングテープ、シリコン除去スプレー、タッチペンです。
ヤスリは600番から1000番など複数の種類を持っておくと、よりキレイなボディに修復できます。
コンパウンドは極細を買います。
ツールを揃えたら作業に移ります。


まずは、車を洗車します。
埃やゴミなどが付着していると細かな凸凹ができ、滑らかな表面に仕上がりません。洗車が終ったら傷にヤスリをかけていきます。
最初は600番程度の粗い目の物を使用します。
しっかりと傷の中の汚れやサビを取っていきます。
ヤスリがけにムラができると後のタッチペンで着色する際に、影響が出てきますので、まんべんなく均一にかけます。
次に、シリコン除去スプレーを吹き付けます。
シリコンは塗料の食付きを悪くしてしまうので、吸着を高めるためにしっかりと除去します。
シリコン除去が終ったら、傷周りをマスキングしていきます。
マスキングテープはあらかじめ、適当な長さに切ったものを複数用意しておくと、余計な所までマスキングせずに済みます。


マスキングテープを貼り終えたら、タッチペンを塗っていきます。
数回に分けて塗ります。
一回目を塗り終えたら乾くまで待って、2回目を塗ります。
塗った場所が盛り上がるくらいに多めに塗っていくのがコツです。
完全に乾いたら再びヤスリがけをしていきます。
この時に使用するのは1000番の耐水ペーパーです。
盛り上がった塗料の部分を段差がなくなるまで磨きます。
最後にコンパウンドで鏡面仕上げをしていきます。
コンパウンドを使用する前に、耐水ペーパーの2000番辺りで磨いておくと、ピカピカになります。
ただ、あまり光らせすぎると傷の部分が元の車のボディ色と合わなくなってしまいます。
ボディの色味、光具合に合わせるように調節しながら磨きましょう。コンパウンドで磨き終えたら完成です。

話題になっているネタを用意。すぐわかるこちらが手軽で便利です