事故はある日突然に 自動車保険は入るべき

事故はある日突然に 自動車保険は入るべき

車の事故は無傷で済んでも賠償があり保険に入るべき

18歳のときに免許をとって以来私の趣味の一つはもっぱら自動車のドライブになりました。
やっぱり車を運転するのは大人の特権であり子供では味わえない喜びだと思います。
だけど、それと同時に大きな責任も背負わなければならないのです。
当然事故を起こせば起こした本人に多大な責任が降り掛かってきますし、事故を起こされた被害者やその家族は不幸に陥ってしまいます。
そういう時に備えて保険があるのだと思います。
もちろん、事故は絶対に起こさないに越したことがないのは言うまでもありません。
しかし、どうあっても引き起こされてしまう事故というものがあるのもじんせいというものです。

わたしの友人には運転がとても上手い人がいます。
実際に彼は若い時に自動車の免許をとって以来毎日の通勤や休みの日のドライブなんかでも必ず自動を使って移動する人です。
そんな友人は一度も事故を起こしたことなく彼も事故なんて起こすわけがないという意識を常に持っていました。
ただ、そんなおごった考えのせいで彼は災難にあってしまいました。
その日、彼は遠くの街までドライブしようとお気に入りの赤いスポーツカーに乗ってようようと走っていました。
そんなとき、彼は右折しようと曲がった時に対向車の自動車と衝突してしまいました。
車内ではエアバッグが開きどちらも無傷で済みましたが、賠償という問題が残ってしまいました。

しかし、両者共に任意保険に入っていたおかげで保険会社からお金が出て出費も少なくて住んだそうです。
やはりいざという時の備えはしておくべきでしょうね。いくら自動車の運に自身があった年までも人間は思わず油断してしまう瞬間というのがあるものです。
これは何も運転だけに言えたことではありません。いつ何時病気になってしまうかもわからないので、それに備えての保険に入っておくのもよいでしょう。わたし自身も何度も思わぬ災難にあったりしました。
個人個人に差はあると思いますが、皆さん経験があるはずです。

話題になっているネタを用意。すぐわかるこちらが手軽で便利です